違反点数と免停(5)・・・大阪のおまわりさんはオモシロイ!2 - 『ペーパードライバーと初心運転者の方へ送る運転の豆知識』

違反点数と免停(5)・・・大阪のおまわりさんはオモシロイ!2

今日から6月ですね。
例年より早い梅雨入りと季節はずれの台風・・・
いろいろと想定外のことが起きますが元気で楽しくいきましょう(^^)/

では前回の続きから。

寛大なるおまわりまさんとの出会いと、粋なはからいで中期免停をまぬがれ、
感謝と感激で交通ルールの遵守と安全運転を心に誓う細川少年でありました。

しかし!
世の中そんなに甘くはありませんでした。

それは明くる日のことです。
彼女が買い物に行きたいというので、バイクの後ろに乗せて走行している時に起きました。

突然後方からサイレンとパトライトの光が!
ミラーで見ると白バイさんが・・・。

2日連続〜!? と一瞬思いましたが、
速度は超えていないし、これといった違反行為もしていない。

バイクを止め白バイ隊員さんに
「何かしましたか?」と聞くと、ミョーに軽い口調で、
「イヤ〜、お兄ちゃんは何もしてへんのやけど、彼女がヘルメット着けてへんのや」と。

え!?と振り返って彼女を見ると、確かにヘルメットを着けていない・・・
乗せる時は着けていたのに? どうして?

彼女曰く、 「暑かったからチョット脱いだの、へへへ・・・」
細川少年、 「おまえな〜・・・」
白バイ隊員、「そういうことみたいやな、ハハハハ・・・」

私にしてみれば笑い事ではない。
そして、ここからこの白バイ隊員のお兄さんの長い自慢話が始まるのでした。

「お兄ちゃんもカッコイイけど俺も男前やろ」
「彼女も可愛いけど、ウチの嫁さんミス大阪になったんやで」
「おまけに資産家のお嬢なんやで・・・逆玉や(^^)/、ハハハ」


こんな感じで40分程わけの分からない自慢話が続き、
「ハァ、そうですか・・・」
「スゴイですね・・・ハハハハ」

と愛想笑いでうなずくしかない細川少年と彼女・・・

話ばかりで違反キップを書き出さないので、もしかしたら今日も大目に見てくれるのかも、
と淡い期待をしていたら最後にキッチリ違反キップを切って、
「じゃ、またな〜」「安全運転しろよ〜」
と軽いセリフを残して去って行きました・・・

「何だったんだ〜〜〜あのおまわりさんは!」
「昨日のおまわりさんとはエライ違いや!
」と嘆く細川少年でした。
(今のおまわりさんがここに書いたようなことをすれば問題になると思いますが、当時は平和でのんびりした良き時代だったのだと思います)


ヘルメット着用義務違反は違反金0円で違反点数1点。

例え自分が違反していなくても同乗者(この場合彼女)がすれば運転者の責任です。
車のシートベルト着用義務なども同じですよね。

細川少年はこの違反により、
前歴1回で累積違反点数4点に達しましたので、中期免停になりました。

5/18のブログでも説明しましたが、

 中期免停の講習内容は
 免停期間 :60日間 (講習受講によって30〜24日間短縮できる)
 講習日数 :2日(1日目16:30、2日目15:00まで)
 講習料金 :23000円


当時(30年前)の短期免停と中期免停の違いは・・・
それは怖いビデオを見せられることでした。

どんな怖いビデオか?
交通事故現場の生々しい映像でした・・・
(今はかなり違う内容になっているようです)

確かに効果的だと思うのですが、気分が悪くなったのを覚えています。

中期免停も2日目のラストに筆記試験があり、
ある一定の点数を取れれば免停期間が半分の30日になります。

細川少年も30日に短縮して貰い、無事講習も終わりました。

この後は2年程おまわりさんのお世話になることもなく、
21歳の時に車で25kmオーバーで一発短期免停を頂いたのを最後に今まで無事故無違反で来ています。
(現在は30km以上の違反で6点ですが、当時は25km以上で6点でした。たぶん・・・)

こうして若かりし頃の恥ずかしいお話を数回にわたりしましたが、何事も良い経験だったと思います。

私のように2年チョットの間に2回の短期免停と1回の中期免停を受けると、
安全の知識や道路交通法に非常に詳しくなるものです。
(教習所に行かずに免許を取ったので実体験と免停講習で学ぶことになったのだと思います)

またここでは省略しましたが、
バイクで転倒したり車での事故、他にも危険なことや友人の事故など沢山のことを経験しました。
そして身をもって学んだからこそ実践的な安全知識もたくさん体得できたのだと思います。

これらの経験は指導員になってから多くの方を指導するのに役立ちましたし、
もちろん現在の活動にも受け継がれています。

以前にもお話しましたが、危険なことは経験しないいと危険だと分からないものです。
しかし1回目の危険の経験で、とりかえしのつかないことになってしまったのでは遅いのです。

だから知識として危険な状況やパターンを学ぶことはとても大切なことなのです。

私が若い頃はバイクや車のことを教えてくれる先輩や友人が沢山いて、
みんなで集まった時に安全の知識を教えて貰ったり、情報交換をして自然と運転知識を学んだものです。

しかし今ではこんな人間関係の繋がりが減ってしまいました。
だからこそ私は教材やこのブログ等でこれらのことをお伝えしていきたいと思います。

ではまた次回に。
安全運転で(^^)/


*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆各種教材購入者のみなさま
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 素敵な夏に向けて、なりたい自分になってください。
 応援します!

 みなさまに感謝いたします
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*


☆教材を無料プレゼント中!!!
↓詳しい内容とダウンロードは↓
年間5万円以上得して、安全に繋がる運転方法♪
運転指導の専門家が教えるエコランのテクニック

にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



今日もこのブログを読んで頂いているあなたに感謝です(^^)/
ありがとうございました。

簡単に出来るいいこと♪↓↓

2011-06-01 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45649392 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
Copyright © 自動車運転工学研究所 All Rights Reserved.
当ブログの画像や文書などすべての転載転用・商用販売等はご遠慮ください。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート