伊達直人&追い越しA・・・ - 『ペーパードライバーと初心運転者の方へ送る運転の豆知識』

伊達直人&追い越しA・・・

タイガーマスク、伊達直人によるランドセルのプレゼント!

こんな明るいニュースはいいですね(^^)/
賛同、共感、刺激された方によりどんどん善意の輪が広がっています。

何か良いことをしたいが、その方法が分からなかった人達へ、
こんな方法があったことを教えてくれたのだと思います。

たまに偽善者だと批判する方もいますが、
そういう方程、本当は良いことをしたいのではないでしょうか。

でも、そんな経済的余裕がないとか、
寄付したお金が正しく使われるか疑問だとか、
色々な出来ないことを正当化する理由を作ったりします。

批判してる暇があったら、
何でもいいから善意の行動を起こすことが大切ではないでしょうか?

このブログの一番下にある『1円寄付のクリック』だって簡単に出来る良いことです。

良いことをするのに大袈裟な理由はいらないと思います。
した方が『気持ちいい♪』だけでも十分です。

また、少し見方を変えて投資と考えてはどうでしょう。

このブログの過去記事で書きましたが、
『したことは必ず帰って来る。それも何倍にもなって』
という宇宙の法則のお話です。

例えば100円を寄付したら、100円以上の見返りがあるということです。
現金で返って来るか、その価値以上の喜び、幸せが返って来ることになります。

あなたに直接返って来なくても、あなたの大切な人に帰って来て、
結局あなたが幸せを感じることが出来ることになります。

損得勘定で良いことをしても全然OKです。
誰かが喜び、あなたも幸せを感じることが出来るのであれば。 
そう思いませんか?

私もそんな浅ましい考えで毎月慈善団体に寄付しています(^^;)
無理のない範囲で(無理をしてまですることではありません)
お陰様で私は毎日幸せを感じていますよ☆感謝、感謝です☆

今日は2011年1月11日です。
1が5つも並ぶ日です。

1という数字は事の始めを表す数字ですから、何かを始めるのに絶好の日です。
まだ行動を起こしていない方は、今日から何か良いこと始めてはいかがでしょうか☆

お金で無くても落ちているゴミを拾ったり、
道を譲ったり、人に優しくすることも立派な慈善行為です。

今年1年が素晴らしい年になりますよ(^^)/



では、運転に関するお話を。
前回の追い越しの続きです。

追い越しには『禁止場所』と『禁止される場合』の2つがあることを説明しました。
今日は『禁止場所』についてその理由を考えてみましょう。

『禁止場所』は

@標識により禁止されている場所
A道路の曲がり角付近
B上り坂の頂上付近
C勾配の急な下り坂
Dトンネル(車両通行帯がある場合は除く)
E交差点内とその手前30メートル以内の場所(優先道路通行中は除く)
F踏切内とその手前30メートル以内
G横断歩道とその手前30メートル以内
H自転車横断帯とその手前30メートル以内


の9つでしたね。

@の標識により禁止されている場所
は過去記事の標識でもお話しましたよね。

え?忘れたと言う方は2010年10月01日の記事を見て下さいね。
表示でもセンターラインが黄色であれば、その線を超えて追い越しをすると違反です。

ちなみに違反をすると、減点2点と9千円の反則金です。
危険がある場所だから禁止されています。

次に、
A道路の曲がり角付近
B上り坂の頂上付近


この2つはちょっと考えれば分かりますよね。
追い越した先の状態がどうなっているかが分かりません。
対向車がいたり、人がいるかも知れませんよね。


C勾配の急な下り坂
この場所で追い越しをするとどうなるか?
きつい下り坂で加速すると、素早く追い越しは出来ますが、その後の減速が大変です。

その先がカーブだった場合は、曲がりきれません。
人や自転車が出てきたら止まれません。
危険ですね。


Dトンネル(車両通行帯がある場合は除く)
車両通行帯って何か分かりますか?
学科試験でも良く出ますよね。

簡単にいうと、
車両通行帯の無い道路=片側1車線の道路
車両通行帯のある道路=片側2車線以上ある道路

となります。

トンネル内は基本的に追い越しが禁止されていますが、
片側2車線以上あれば追い越しをしてもOKですよ、ということです。
ただし、標識や表示で禁止されていないかを確認してくださいね。

では何故トンネル内は追い越しが禁止されているのでしょうか?
もし、トンネル内で事故が起き、車両火災でも発生したら・・・。
過去の事故事例でもトンネル内での事故は悲惨であることが証明されています。


E交差点内とその手前30メートル以内の場所(優先道路通行中は除く)
交差点は事故が最も起きやすい場所です。

横断歩行者や右左折する車、2輪車、自転車など、
注意を配らなければならいない対象がいっぱいあります。

そんな所に加速しながら追い越して進入して行けばどうなるか・・・
田園調布で起きた事故を見れば結果は分かりますよね。


F踏切内とその手前30メートル以内
踏切は一時停止義務があります。
追い越した後に一時停止は・・・無理がありますよね。

G横断歩道とその手前30メートル以内
H自転車横断帯とその手前30メートル以内

歩行者や自転車が横断していたり、横断しようしている場合は、
一時停止をして道を譲る義務があります。

これも、追い越した直後には・・・出来ませんよね。


9つの追い越し禁止場所も、普通に考えれば納得出来るものばかりです。

あ、そうそう、学科試験の引っかけ問題には、
手前30メートルという文章を、前後30メートルと書かれています。

禁止されている各場所を過ぎれば禁止適用外ですから、ご注意を。
今から免許を取る人は覚えておいてくださいね。

次回は、禁止される場合のお話を。
ではでは


*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆杉山さん、ファイルをメールに添付して10日に送りましたよ。
 登録して頂いたアドレスがヤフーメールでしたので、
 迷惑フォルダに入っている可能性があります。ご確認ください。

☆北澤様・杉山様、畑様、高木様、岡田様
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 みなさまに感謝いたします。
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*


にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



今日もあなたに感謝です(^^)/
ありがとうございました。

簡単に出来るいいこと♪↓↓

2011-01-11 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42502274 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
Copyright © 自動車運転工学研究所 All Rights Reserved.
当ブログの画像や文書などすべての転載転用・商用販売等はご遠慮ください。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート