明けましておめでとうございます - 『ペーパードライバーと初心運転者の方へ送る運転の豆知識』

明けましておめでとうございます

blog.png

明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。

今年も皆様にとって役立つ情報、ためになる知識を
お届け出来るように切磋琢磨して参る所存にございます。

是非今年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m


と言うことで今年も明けましたね(^^)/
このお正月は皆さん、いかが過ごされましたか?

私は・・・
大晦日からの大雪でもう大変・・・

朝から雪かきの連続(自宅・駐車場・実家2軒)。
道路はスリップで動けない車で大渋滞・・・。

そして夜には息子が帰省で到着するはずの時刻になっても着かない?
メールをすると、雪で列車が遅れているとのこと。

息子は列車の中で年越しか!?

と思いましたがナントか新年10分前には到着し、
家族みんなで新年を迎えることが出来ました。良かった(^^)/

ホントに日本海側では大雪で交通網が大乱れになりましたね。
皆さんは大丈夫でしたか?


さて、昨年から雪道での運転方法のお話をしていますが、
今回のような突然の大雪と年末の帰省ラッシュが重なる大変なことになります。

スリップして動けない車や、放置されている車を見ると、
ナント、ノーマルタイヤがく〜(落胆した顔)
チェーンも持っていないふらふら

こんな車が原因で渋滞になってしまいます。
あまりにも無謀と言うしかありませんね。

では、4輪ともスタッドレスタイヤを装着した車なら大丈夫か?
と言うと決してそうではありません。

積もってすぐの新雪だとそんなに滑るものではないですが、
一晩経って踏み固められた道路になるととても厄介になります。

何故、厄介か?

スリップでタイヤを空転させた後には穴ぼこが出来ます。
そして轍も出来ています。

早い話が道中、凸凹になってしまいます。

こんな状態の道路を走行するとどうなるか?
まず、真っ直ぐに走ってくれません。

暴れ馬に乗っているような状態になってしまいます。

そして一番怖いのが横滑りです。
ゆっくり走っていてもズルッと車ごと横にスリップ(平行移動)してしまいます。

もし、そこに人がいたら・・・。

そうです。
雪道で多い人身事故がこれです。

私の後輩も雪道を歩いていて、横滑りした車に当てられ、
腰を強打して2週間程動けなくなりました。

このような道路状況の道で人や自転車がいた場合の対応方法は、

@対向で来ている場合は、止まって人や自転車が通り過ぎるまで待ちましょう。

A先にいる場合は、無理して追い越そうとせず、
 安全に避けられる所まで後ろについて待ちましょう。

 人等が止まって道を譲ってくれた場合でも、安全な間隔が横に無い場合は、
 無理して避けると横滑りしてぶつかる危険があります。

 歩行者等と車との間には50cm以上の間隔が欲しいですね。
 それぐらい距離は簡単にズルッと横滑りしますから。

 また、人でなくとも電信柱や停止車両が横にある場合も同じで、
 気を付けないとズルッといってぶつかりますよ。


歩行者や自転車などへの対応方法は教材でも解説した通りですが、
雪道になるとより一層の注意が必要です。

雪が積もると歩道も積雪して、歩行者が道路脇を歩いたりします。
道路自体も除雪した雪で道幅がかなり狭くなります。

まだまだ、冬シーズンは始まったばかりです。

雪道では普段と違う道路状況になりますので、
全体の状況を判断して安全に、慎重に運転してくださいね。


ではでは


*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆中込さん、橋本さん、飯野さん、
 素敵な年賀メールを頂きありがとうございました。
 今年もよろしくお願いいたします。

☆上岡様・是枝様、菊川様、水野様、
 ご購入ありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。


みなさまに感謝いたします。
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*


にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



今日もあなたに感謝です(^^)/
ありがとうございました。

簡単に出来るいいこと♪↓↓


2011-01-05 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42385656 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
Copyright © 自動車運転工学研究所 All Rights Reserved.
当ブログの画像や文書などすべての転載転用・商用販売等はご遠慮ください。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート