タイヤ交換・・・ - 『ペーパードライバーと初心運転者の方へ送る運転の豆知識』

タイヤ交換・・・

いや〜
やって来ましたね!
クリスマスクリスマス寒波が雪

自宅の窓から見える山はすっかり雪景色(^^)/
綺麗です↓↓
21.jpg

23日には雪に備えてタイヤ交換をしました。

お伝えしておりましたように、
タイヤ交換の方法や注意点をお話しますね。

パンクの時にも役立ちますので覚えておいてくださいね。
この日は2台のタイヤ交換をしました。

2.jpg

この車にはホイールキャップが着いていますので、
まずこれを外します。

3.jpg

キャップの周囲を見ると溝がありますので、
そこにドライバーなどを差し込んで外しましょう。

4.jpg

アルミホイールの場合はこんな感じです↓↓
14.jpg

次にジャッキアップする前にナットを4つとも緩めてください。

5.jpg

ジャッキアップしてから緩めようとすると、
力をかけた時に、ジャッキから車が落ちてしまう危険があります。
ただし、この時点でナットを外さないように。

次にジャッキを当てる場所を確認します。

ジャッキを当てる場所は車の説明書にも書いてありますが、
他の場所より強化された所があります。

1.jpg

この写真の赤丸の所です。
(鉄板が2重になっています)

こっちの車は分かり易いですね↓↓
23.jpg

さて、問題です(^^)/
この場所以外にジャッキを当ててアップするとどうなると思いますか?


答え

メリメリという音がして、鉄板が凹みます。

若い時に、友人の車のタイヤ交換を手伝った時に検証済みです。
怒られました(^^;)

今回、ジャッキは油圧ジャッキを使用しました↓↓
6.jpg

ホームセンターで2千円ぐらいであります。
オッサンにはとても楽な代物です。

当てる位置を確認し、ずれないようにジャッキを装着します。
7.jpg

タイヤが地面から5cm前後持ち上がるまでジャッキアップします。
あまり上げ過ぎると、タイヤを外したり、はめたりする時に大変です。

ジャッキアップできたら、ナットを全部外しますが、
この時ナットを無くさないように注意してください。

ノーマルタイヤを外し、スタッドレスタイヤにはめ換え、
ナットを取り付けます。

9.jpg

ここで、ナットの向きに注意してください。
平らになっている方と、尖っている方があります。

10.jpg

尖っている方(赤い矢印)をホイール側に向けて付けてください。
逆にするとナットが走行中に緩んできます。

ナットを手で動かなくなるまで締め、次にレンチを使って締めます。

ここで注意点があります。
一カ所をいきなり力一杯締めてはいけません。

11.jpg

写真にあるように、@〜Cを対角線上に徐々に締めていきます。

では、ここでも問題です(^^)/
一カ所をいきなり力一杯締めるとどうなるのでしょうか?


答え

ホイールが取り付け面に対して、少し斜めに着いてしまいます。
そのまま走ると、ネジが折れたり、
アルミホイールの場合なら割れることもあります。


ある程度の力でナットが動かなくなるまで締めてください。
(この時点では思いっきり締めません)

次にジャッキを下ろしてから、増し締めをします。

13.jpg

ここで強く締めるのですが、
たまにレンチの上に乗って体重をかけて締めている人を見かけますが、
ネジが折れてしまう場合があります。
(私の奥様が若い頃に検証済みです(^^;))

そこまで強く締める必要はありませんので、気を付けてください。

今回は皆様に説明するためにレンチを使った写真を載せましたが、
実は電動インパクトレンチというものを使いました↓↓
16.jpg

これでナットの着脱をすると一瞬でできます(^^)/

17.jpg

車を2台(タイヤ8本)交換するのに1時間弱でできました。
一つ持っておくと非常に便利ですし、
力の弱い女性でも楽にタイヤ交換ができます。

ネット通販で5千円前後であります。
≫電動インパクトレンチ

これでタイヤ交換は終わりではありません。

タイヤの空気圧のチェックをしてください。
ガソリンスタンドへ行けばタダで使わせて貰えます。

18.jpg

右にあるレバーを回して入れる空気圧を設定します。
19.jpg

空気圧は車種により違いますが、だいたい2〜2.5ぐらいが目安です。

ホイールの空気注入口にコンプレッサーの金具を水平に当ててて入れます。
22.jpg

空気が入りだすと『チンッチンッ』と音がします。
音が止まれば設定した空気量が入ったということです。

これで全てのタイヤ交換の完了です。

ただし、少しの距離を走ったらナットが緩んでいないか、
もう一度増し締めをして確認をしてください。


ガソリンスタンドや車屋さんで交換してもらうと、
1台辺り5千円前後かかりますが、自分でやるとタダです。

パンクした時に備えて、タイヤ交換も出来るようにして起きましょうね。

ではでは

*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆三上様・鈴木様、山口様、下野様
 ご購入頂きありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

☆年末年始のサポート業務のお知らせ
12/29〜2011.1/5の期間はサポート業務を休業させて頂きます。
この間に頂きましたお問合せ・ご質問に対する回答は、1/6以降となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

みなさまに感謝いたします。
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*


最近ポチッが少ないのでお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



今日もあなたに感謝です(^^)/
ありがとうございました。

簡単に出来るいいこと♪↓↓



2010-12-25 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42242953 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
Copyright © 自動車運転工学研究所 All Rights Reserved.
当ブログの画像や文書などすべての転載転用・商用販売等はご遠慮ください。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート