梅雨ですね〜 - 『ペーパードライバーと初心運転者の方へ送る運転の豆知識』

梅雨ですね〜

全国的に梅雨入りしました。

最近は異常気象のせいか、ゲリラ豪雨とか凄いですね。

一瞬で道路が冠水することも珍しくありません。


もし、あなたが運転中に道路が冠水しかけたらどうします?

教材でも解説しましたが、少し付け加えておきますね。


まず、高台に避難しましょう。

間違っても高架下などに止まっては危険ですよ。

少しでも高い場所に車を止めて様子を見ましょうね。


たまにニュースなどで冠水した道路を思いっきり走っている

車を見かけますが、エンジンが水を吸い込んだら大変です。

分解修理が必要となります。(修理費用何十万円!)


こんな時には立体駐車場などの高い場所に車を止めて

別の手段で帰宅しましょうね。


ここまでひどい状況でなくても、深い水たまりを通過した後は

ブレーキが完全に濡れてしまい、ペダルを踏んでもほとんどブレーキが効きません。


さて、こんな状態になったらどうすればいいか知っていますか?


答えは・・・

しばらくブレーキを踏みながら走行させると摩擦熱でブレーキが乾いて直ります。

具体的な方法は

左足で軽くブレーキ踏みながら、右足でアクセルを踏んで

時速10km前後で少し走るとブレーキの効きが戻ります。


覚えておいて下さいね〜

では(^^)/




2010-06-19 | TrackBack(0)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39037712 ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
Copyright © 自動車運転工学研究所 All Rights Reserved.
当ブログの画像や文書などすべての転載転用・商用販売等はご遠慮ください。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート