100里の道も・・・ - 『ペーパードライバーと初心運転者の方へ送る運転の豆知識』

100里の道も・・・

あなたは

『100里の道も99里をもって半分とせよ』

という諺を知っていますか?


え〜何それ?

うんうん、知ってる!

年代によって色んな声が聞こえて来るような気がします。


私が指導員だった頃、

学科の授業で生徒さんによくお話したことです。


昔の人が旅に出て100里の距離(1里は約4kmだから400km)の内、

99里(396km)まで来たときに『後もう少しだ!』と気を緩めると

何か災いが起きるから気を付けなさい!

と言う意味で注意を促した諺です。


事実、交通事故は自宅周辺で多く発生していることが

事故調査統計で立証されています。


自宅の車庫に入ろうと右折をして、

対向二輪車(バイク)と衝突し、

相手の方が亡くなるとうい事故が先日も報道されていました。


やはり人間は気が緩むと注意力が散漫になります。

ですから、目的地に着くまで気を抜かないようにして下さいね。


エンジンを止め、車から降りて始めて到着ですよ。

こんなことを知っているか、知らないかで人生変わります。


昔の人はいいこと言いますね〜



2010-06-08 | TrackBack(0)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38824793 ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
Copyright © 自動車運転工学研究所 All Rights Reserved.
当ブログの画像や文書などすべての転載転用・商用販売等はご遠慮ください。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート