背の低い方のシート調整ポイント (ドライビングポジション) - 『ペーパードライバーと初心運転者の方へ送る運転の豆知識』

背の低い方のシート調整ポイント (ドライビングポジション)

こんにちは!細川です。

あと数日で新しい年がやって来ますね。
今年はあなたにとってどんな一年だったでしょうか?

良かったこと、そうでなかったこと、色々とあったと思いますが、
人の身に起こることすべては、魂の成長のために起きていることばかりだと言います。

ですから、すべてを肥やしにして、感謝の心を持って受け容れていきましょう^^
(自分にも言い聞かせてます(笑))

また、今年になって頂いた、新しいご縁もあったのではないでしょうか?
私も教材を通じて新しいご縁を今年もたくさん頂きました。

もし、今の仕事をしていなかったら知り合うことさえなかった方々。
本当に人生は不思議だと年末の慌ただしさの中で感じています。

さて、今日のブログではそんなご縁を頂いたKさんから頂いたメールの内容の
【ドライビングポジション】について書きたいと思います。

このKさんは最近教習所を卒業されたのですが、運転に自信が持てないとのことで、私の教材をお求め頂いた方です。

私はメールサポートの時に、その方の身長を聞くようにしています。
それは車を運転する上でドライビングポジションは非常に重要で、それには身長のことも考慮する必要があるからです。

Kさんからのメールには、
>私の身長は、かなり低くくて147センチ、

とありました。

ちょっと調べてみると日本人の20歳以上の平均身長は男性が167.3cm、女性が154.2cmだそうです。
そして、国産メーカーの車はこれに合うようにシートやハンドルの位置が作られているようです。

もちろん車種により違いますが、150cm以下の方だとシートを一番前にしてもペダルが遠いか、前が見難くなるようです。
その場合はクッションなどで調整する必要があります。

私が指導員だった頃に、初めての教習の時には必ず身長を聞いて150cm以下の方だと、
『チョット待っててくださいね、シートクッションを持って来ますから』と言って2枚のクッションを用意しました。

ハンドルの上部が目線と重なって前が見難い場合は、お尻の下にクッションを敷きます。
アクセルやブレーキペダルが遠い場合は腰の後ろ側にクッションをあてます。

もちろん両方ともなら、お尻の下と腰にクッションをします。

教習所では普通のシート用のクッションを用意していましたが、体の形は人様々ですから、合わない場合は生徒さん本人に用意して貰いました。

そこで、何か良いものは無いかと検索して見ると、イイ物がありました♪

お尻の下用↓




腰用↓



運転することを想定して作られているので、良いと思います。


それと、アクセルペダルやブレーキペダルも、ペダルカバーを付けることで、多少は足元を近づけて、操作しやすくすることが出来ます。




私がこれまでに指導した中で一番背が低かったのは142cmの女性の方でした。
そして、AT車ではなくMT車で免許を取得されました。

教習の時はいつもシートクッションを3枚持って来て、それを器用に合わせて上手に運転されていました^^

免許を取る!という強い意思と、自分なりの工夫で、低身長をものともせずにいつも笑顔で教習を受けていた彼女は素敵でした。
(修検、卒検、すべて一発のストレート合格でしたよ♪)

最近の車は以前に比べて細かいシート調整が出来るようになりましたが、まだまだ全ての人に合うところまでは来ていません。

自動運転装置も良いですが、まずはこの辺りの技術開発もメーカーさんにお願いしたいところです。

それと、このKさんから頂いたメールには以下のような気になることも書かれていました。

>教習所で初めて乗った時、椅子やハンドルミラーなど合わせて乗る事すら教えてもらえず何時間か乗ってから合わせてますか、と言われるくらい・・・

指定自動車教習所の一段階、項目1では、車の乗り降りと運転姿勢は必ず詳しく指導する必要があります。

それをしないのは完全にその指導員の怠慢であり、それを容認している教習所の責任でもあります。

繰り返しますが、ドライビングポジションは非常に重要であり、それがキッチリできているかどうかでその後の進展(運転上達)に大きく影響するものです。

私の教材ではそこを詳しく解説していますので、しっかりポイントを把握して頂ければと思います。

では、年末で色々お忙しいと思いますが、車の運転だけには気を付けて焦らず急がず、安全第一でまいりましょう。
良い年をお迎えください!

いつも読んで頂いてありがとうございます。
感謝です<(_ _)>







◆エコランで地球とサイフに優しい運転を♪
 エコラン教材の無料ダウンロードはコチラからどうそ♪
  ↓↓↓
 http://untenn.com/ecorun.html


◆私の教材の詳細等はオフィシャルサイトを^^
 ↓↓
http://untenn.com/


◆お問い合わせは
 ↓↓
http://untenn.com/contact.html


↓↓ポチッとして頂けると踊って喜びます<(_ _)>
にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆メールサポートの回答やお問い合わせへの回答状況は
『各種お問い合わせへの回答状況や臨時休業についてのお知らせ』 をご確認ください。

☆各種教材購入者のみなさま。
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 新しい年に向けて『なりたいあなた』になって運転を楽しんでください。
 応援とサポートをさせて頂きます。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2016-12-27 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178185046 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
Copyright © 自動車運転工学研究所 All Rights Reserved.
当ブログの画像や文書などすべての転載転用・商用販売等はご遠慮ください。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート