『環状交差点(ラウンドアバウト)』の通り方 - 『ペーパードライバーと初心運転者の方へ送る運転の豆知識』

『環状交差点(ラウンドアバウト)』の通り方

こんにちは!細川です。
さて今日のタイトルにあります、
『環状交差点(ラウンドアバウト)』というものをご存じでしょうか?

先日の2014年9月1日の道路交通法改正によって
『環状交差点(ラウンドアバウト)』の通行方法が追加されました。

では『環状交差点(ラウンドアバウト)』とはどんなものか?や
その趣旨と目的、具体的な通行法、メリット、デメリットなどを
私なりにまとめましたので参考して頂けると幸いです。

●『環状交差点(ラウンドアバウト)』とはどんなものか?
 また具体的な通行方法とは?


『環状交差点(ラウンドアバウト)』とは
信号機がない円形の交差点(環状交差点)のこといいます。

進入してきた車は環状路を時計回りに走り、進みたい道に左折して出ます。
詳しい通行方法は交通安全協会のホームページより引用したものを下記します。
http://www.jtsa.or.jp/new/koutsuhou-kaisei.html

kaitei201409_01.gif

・環状交差点では、左折等するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、
 かつ、できる限り環状交差点の側端に沿って徐行しなければなりません。

・車両等は、環状交差点内を通行するほかの車両等の進行妨害をしてはいけません。

・環状交差点に入ろうとするときは、徐行しなければなりません。


●趣旨と目的
私の教材でも解説していますが交差点は一番事故が起きやすい場所です。
また交差点の右折待ちなどが原因で渋滞も起きやすくなっています。

それらの問題を解消する目的で作られたのが、
『環状交差点(ラウンドアバウト)』というワケです。

時計回りで出たい道へ左折して進むので右折する必要がありません。
ということはあたり前ですが右直事故が起きないということです。

これは凄いことだと思いますし、右折が苦手な方にも朗報ですね^^
歴史的に見るとイギリスや欧米諸国ではすでに採用されてるものです。

でも実際にどんなものかは見てみないと分かりませんよね。
YouTubeで参考になる動画を見つけたので紹介しますね。





●メリット、デメリット
メリットは先程も書きましたように事故防止と渋滞緩和、
そして信号が不要になるのでコスト削減、エコにも繋がります。

交差点の事故防止の観点で見るとラウンドアバウトを早くから導入している
オーストラリアでは約40〜60%減、オランダは約47%減、
アメリカも35%減、ドイツ約36%減という数字が示された。とのことです。
(http://www.j-cast.com/tv/2014/09/02214727.html より引用)

また右左折のための専用車線が不要になるので、
その分車線を増やして渋滞を減らせるというメリットもあります。

しかし渋滞に関しては交通量などでその効果も変わってくるようで、
交通量の多い交差点ではかえって渋滞が増えることもあるようです。

ちなみに下の動画はそんな様子を映し出しています。




いずれにしても今月から実施されていますし
すでに全国各地でもラウンドアバウト交差点が設置されています。

ですから『何コレ!?』と戸惑うことが無いように
正しい知識を身につけてスムーズに利用出来るようにしなくてはいけませんね。

と、かく言う私はまだ未体験ですが・・・^^;

では今日も安全第一で良い日をお過ごしくださいませ!
感謝です。



◆エコランで地球とサイフに優しい運転を♪
 エコラン教材の無料ダウンロードはコチラからどうそ♪
  ↓↓↓
 http://untenn.com/ecorun.html


◆私の教材の詳細等はオフィシャルサイトを^^
 ↓↓
http://untenn.com/


◆お問い合わせは
 ↓↓
http://untenn.com/contact.html


【追伸】
おかげさまで自動車運転工学研究所は
今年で【開設5周年】を迎えさせて頂くことが出来ました。

これもひとえにみなさまのお陰と感謝しております。
ありがとうございます。

更にお役に立てるように、喜んで頂けるように活動を続けてまいりますので
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


↓↓ポチッとして頂けると踊って喜びます<(_ _)>
にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆メールサポートの回答やお問い合わせへの回答状況は
『各種お問い合わせへの回答状況や臨時休業についてのお知らせ』 をご確認ください。

☆各種教材購入者のみなさま。
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 今年ももう半分が過ぎました。
 なりたい自分になれるよう行動を起こしませんか?
 サポートと応援をします!

 みなさまに感謝いたします。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*


今日もこのブログを読んで頂いているあなたに
良いことがいっぱい、いっぱい起きますよ!
ホントです(^^)

簡単に出来るいいこと♪↓↓

2014-09-06 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103276775 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
Copyright © 自動車運転工学研究所 All Rights Reserved.
当ブログの画像や文書などすべての転載転用・商用販売等はご遠慮ください。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート