『ペーパードライバーと初心運転者の方へ送る運転の豆知識』

-  |  次の3件 »

車の運転、台風や豪雨への備えをあらためる時

こんにちは!細川です。

9月に入ってやっと猛暑に一段落ついたように感じますが、ホントに今年の夏は暑かったですね。

この夏を振り返って見ると猛暑だけでなく、

・大阪を震源とする地震に始まり西日本を中心とした豪雨被害、

・一昨日の台風21号の暴風による甚大な被害、

・そして、今朝のニュースを見ると北海道で震度6強の地震・・・

怖いものの例えとして、『地震、雷、火事、親父』といいますが、この夏はそのまま全部がやって来た感があります。

※親父は台風を意味する【大山嵐(おおやまじ)】が変化したという説があります。

saigai.jpg


その中でも今回の台風21号は想定外の暴風が吹きました。

以前、このブログやラジオでの解説で『強風時の運転』についてお話しさせて頂きましたが、

私自身、日本で停車している車が風の力だけで倒れたり転がったりしたのを見たのは初めてです。

◆ラジオ放送(TOKYO FM)でお話しした内容は以下のURLでご覧頂けます。
 https://www.tfm.co.jp/koutsu/index.php?catid=2493&itemid=120761

これまで、車が風の影響で横転する事故は、風の力に走行中の遠心力や慣性力、無理なハンドル操作などが加わって発生していたのがほとんどでした。

しかし、今回の台風21号は風の力だけで乗用車やトラックなどが横転していました。

関西国際空港では最大瞬間風速が観測史上最大の58.1メートルを記録したそうですが、こんな風が吹けば車もこれまでの常識も含めて吹っ飛ぶことをあらためて実感しました。


このブログを書き始めた8年前に、これから日本は温暖化による異常気象が頻発して来ると書きましたが正にそうなって来ました。

そして、今回のようなことが起きると車の運転、備えも考え方を改める必要があると思います。

例えば

・高潮による被害が想定される場合は海から遠い場所に車も人も避難する

・暴風が吹くことが予想される時間帯やその影響を受ける場所には車を駐車しない

・普段から車を駐車している場所(住所地・職場)が安全かを調べたり、非常時に備え車を避難させる場所を前以て調べておく

・車の水没など自然被害でも支払われる車両保険に加入する


suibotu.jpg

など今回の件から学べることは多くあります。

以上のように台風接近時には、これまで以上に多くの正確な情報を取り入れ、その中でどう判断して行動するか?ということを考える必要があると思います。

このブログでもそういったお話しや情報、知識を今後も発信したいと考えています。


最後にあらためまして、地震や台風、豪雨などで被害に遭われました方々にお見舞いを申し上げます。

では、また<(_ _)>






◆エコランで地球とサイフに優しい運転を♪
 エコラン教材の無料ダウンロードはコチラからどうぞ♪
  ↓↓↓
 http://untenn.com/ecorun.html


◆私の教材の詳細等はオフィシャルサイトを^^
 ↓↓
http://untenn.com/


◆お問い合わせは
 ↓↓
http://untenn.com/contact.html


↓↓ポチッとして頂けると踊って喜びます<(_ _)>
にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆メールサポートの回答やお問い合わせへの回答状況は
『各種お問い合わせへの回答状況や臨時休業についてのお知らせ』 をご確認ください。

☆各種教材購入者のみなさま。
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 『なりたいあなた』になって運転を楽しんでください。
 応援とサポートをさせて頂きます。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*


2018-09-06 | TrackBack(0)

メンバーズサイトなどの閲覧についてのお知らせ

いつもありがとうございます。
細川です。

今日のブログでは、大切なお知らせをいたします。

特に【ペーパードライバーWebドライビングスクール】のユーザー様やご購入をご検討頂いている方々はお知らせ内容の確認と該当される場合は対応をお願いいたします。

-----------【お知らせの内容】-----------
当研究所が運営するhttps:〜から始まる接続ウェブページにおいて、2018年6月12日より順次「TLS 1.0/1.1」が無効化され、TLS 1.2のみの対応となります。

【ペーパードライバーWebドライビングスクール】や【40代、50代からの運転免許取得術】のメンバーズサイト、サポートサイトなどがこれに該当します。

■「TLS 1.0/1.1」の無効化による影響について
TLS 1.2に対応していない一部端末やブラウザーでは該当ウェブページの閲覧が出来なくなったり、正しく表示されなくなります。

■TLS 1.2に対応していない一部端末やブラウザーについて
 [パソコン]
・Internet Explorer 10.0以前
・Mac OS X 10.8以前のSafari
・Google Chrome 29以前
・Firefox 26以前

 [スマートフォン]
・Android 4.4以前の標準ウェブブラウザ
・iOS 4以前の標準ウェブブラウザ
・Google Chrome 29以前
・Firefox 26以前

 [フィーチャーフォン](ガラケー)
・すべての環境で影響を受けます

■対応方法について
該当する古いブラウザーなどをお使いの場合は、ご利用の機器、ソフトウェアを最新版に更新するなどご対応の上、TLS 1.2 に対応するウェブブラウザをご利用ください。
---------------------------------------------

さて、こういった説明はパソコンやインターネットが苦手だと思っている方にとっては分かり難くいのではないかと思います。

そこで今回の「TLS 1.0/1.1」が無効化の理由や背景などについて分かりやすくお話しをしたいと思います。

数年前からホームページなどのサイトは、接続時の安全性を高めるためにSSL接続といってhttps:から始まるサイトが主流になってきています。
(ちなみにSSL接続ではないサイトはhttp:から始まります。)

ssl.jpg

当研究所が運営しているメンバーズサイトなども全部ではありませんが、https:から始まるサイトになっています。

しかし、接続する側(ご利用者さま)のブラウザー(インターネットエクスプローラやGoogleクローム、サファリなどのこと)が古いバージョンだと脆弱性があり、安全な接続が保証されません。

そこで、今現在最も安全なTLS 1.2 に対応するウェブブラウザでないと接続出来ないようになるわけです。

これは当研究所だけが行うものではなく、Yahoo! JAPANを始め大手企業のサイトなどhttps:から始まるサイトの殆どが既に実施しているか、今後実施することになります。

時代の流れですね。

●あなたがお使いのブラウザーや環境がTLS 1.2に対応しているかどうかを調べる方法
先程もご紹介しましたが【Yahoo! JAPAN】は6月1日より今回のお知らせと同じことを順次実施しています。



上のTwitterの記事内でも紹介されていますが、あなたがお使いのブラウザーがTLS 1.2に対応しているかどうかを判定出来るページをYahoo!JAPANが公開していますので、下記のURLに接続して調べてください。

 https://security.yahoo.co.jp/news/tls12.html

このYahoo! JAPANセキュリティーセンターのページでは判定だけでなく、対処方法も詳しく詳しく説明されていますので、万が一該当する古いバージョンのブラウザーをお使いの場合は新しいものに更新して頂ければと思います。

ここ2〜3年の内に発売されたパソコンやスマートフォンをお使いの場合は、まず大丈夫だと思いますし、Googleクロームのブラウザーを使えばパソコンでもスマホでも自動で最新バージョンに更新されますので便利だと思います。

インターネットが普及したことで、私達の生活は凄く便利になりましたが、その反面安全性を保持するために今回のようなことは今後もあると思います。

では、以上のご確認をよろしくお願いいたします。
ありがとうございました(@^^)/~~~






◆エコランで地球とサイフに優しい運転を♪
 エコラン教材の無料ダウンロードはコチラからどうぞ♪
  ↓↓↓
 http://untenn.com/ecorun.html


◆私の教材の詳細等はオフィシャルサイトを^^
 ↓↓
http://untenn.com/


◆お問い合わせは
 ↓↓
http://untenn.com/contact.html


↓↓ポチッとして頂けると踊って喜びます<(_ _)>
にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆メールサポートの回答やお問い合わせへの回答状況は
『各種お問い合わせへの回答状況や臨時休業についてのお知らせ』 をご確認ください。

☆各種教材購入者のみなさま。
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 『なりたいあなた』になって運転を楽しんでください。
 応援とサポートをさせて頂きます。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*


2018-06-07 | Comment(0) | TrackBack(0)

自動運転の実用化は難しい・・・その理由とは

こんにちは!細川です。
今日は自動運転の実用化について書きたいと思います。

完全自動運転がまもなく実現化するかのように巷では言われていますが、本当に実用化される日が来るのでしょうか?

私もいろいろと調べてみましたが、なかなか難しいのでは?と思っています。

ai01.jpg

実用化に向けての諸問題を挙げる前に、自動運転の定義(レベル)について今一度書きます。

自動運転は、どのような部分やシーンで自動化されているかによって5段階のレベルに分けられています。


◆レベル1(運転者支援)
加速・操舵・制動のいずれか単一をシステムが支援的に行います。自動ブレーキなどがこれにあたります。

◆レベル2(部分的自動運転)
走行環境を観測しながら、加速・操舵・制動のうち同時に複数の操作をシステムが行う状態をいいます。

ステアリングアシスト装置付き等がこれにあたります。

◆レベル3(条件付き自動運転)
限定的な環境や状況などで、システムが加速・操舵・制動を行います。

しかし、緊急時やシステムが扱いきれない状況下になるとドライバーに運転操作が戻されます。

でも、ちょっと想像してみてください・・・ 

それまで自動運転だったのが、いきなり操作を戻されたら。。。

ビックリしませんかΣ( ̄□ ̄;)

◆レベル4(高度自動運転)
高速道路上などのある状況下のみ加速・操舵・制動といった操作を全てシステムが行い、その条件が続く限りドライバーが全く関与しなくても自動運転してくれます。

ただし、特定の状況下を離れると人間の運転が必要になります。

日本では2020年までに実用化を目標としています。

◆レベル5(完全自動運転)
すべての運転が自動で行なわれ、さらに運転環境の監視、安全運行のための適切な対応も、自動で行なわれます。

日本ではレベル5の完全自動運転を2025年を目途に目指すとしているそうです。



2018年現在、レベル3の車両(アウディA8)の市販化が海外では始まるそうです。

しかし、日本ではまだ法整備が整っていないので未定とのこと。

そして、この【法整備】が自動運転を実用化出来ない最大の問題だと私は思います。

人工知能(AI)などの技術の進化は素晴らしくシステム面からみれば実用化は可能だと思いますが、法整備の面から見た場合だとまず無理なんじゃないかと思います。

例えば、次の図の状況下だと自動運転車(黄色い車)はどのような判断を下すのでしょうか?

ai.png

時速60Kmで走行中に先行車の大型トラックが急ブレーキをかけました。

このままだと急ブレーキをかけても衝突回避は無理で、下記3つの選択肢しかありません。

A:このまま真っ直ぐ進むと大型トラックに追突します(自車には家族が同乗しています)
B:左に避けると下校途中の子供達の列に突っ込むことになります。
C:右に避けるとベンチで休憩中のお年寄りにぶつかります。


このような究極的な判断を下さなければならいない時に自動運転車(AI)は、

・将来のある子供たちを守るのか?
・被害人数の少ない方を選ぶのか?
・他人を巻き込まず家族を犠牲にしてでも大型トラックに追突する方を選ぶのか?


このような場合では、正しい選択肢(回答)はないと思いますが、何れかの選択はしなければなりません。

さてさて、AIはどのような判断をするのでしょうか。

そして、もっと大きな問題があります。

事故が起きた場合の責任の所在です。

今のところレバル3まではドライバーに責任がかかりますが、レベル4以上の場合だと

・車メーカー?
・AIなどのシステム開発者?
・それともドライバー?

まだまだ議論の段階のようです。

他にも問題はあります。

自動運転車は、コンピューターウイルスに感染する可能性があるという話しもあります。

もし、自動運転車がハッキングされたら・・・怖いですね。

また、地震、津波、噴火などの大規模災害が起きた場合、地割れや陥没、建物や電柱の倒壊などで道路の状況が一変すると自動運転は使えなくなるという指摘もあります。

地震だけに限っても、「東海地震」87%、「首都圏直下地震」・「東南海地震」70%程度、「南海地震」60%程度の確率で30年以内に発生すると政府の地震調査委員会は発表しています。

自動運転が実用化した頃にこんな大規模災害が起きたら・・・ その時に役立つのはシステムの力か、人の力か。

こんなことを考えるのは私だけでしょうか。

進化して便利になるということは、その反面様々な問題も生ずるということになります。

先程も書きましたが、レベル3になっても緊急時やシステムが扱いきれない状況下になるとドライバーに運転操作が戻されます。

そうなると、やはり頼れるのは自分自身の運転力や危険回避能力ということになります。

私は運転支援システムなどの便利で安全に役立つものはドンドン活用していくべきだと考えていますが、まるっきりそれに頼ってしまうといざという時に困ることになるとも思います。

近未来では自動運転があたり前になるとは思いますが、それはまだ少し先のお話しのようですね。

今しばらくは自らの運転能力、安全能力を鍛えて楽しく運転していきたいものですね。

では、また(@^^)/~~~







◆エコランで地球とサイフに優しい運転を♪
 エコラン教材の無料ダウンロードはコチラからどうぞ♪
  ↓↓↓
 http://untenn.com/ecorun.html


◆私の教材の詳細等はオフィシャルサイトを^^
 ↓↓
http://untenn.com/


◆お問い合わせは
 ↓↓
http://untenn.com/contact.html


↓↓ポチッとして頂けると踊って喜びます<(_ _)>
にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆メールサポートの回答やお問い合わせへの回答状況は
『各種お問い合わせへの回答状況や臨時休業についてのお知らせ』 をご確認ください。

☆各種教材購入者のみなさま。
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 『なりたいあなた』になって運転を楽しんでください。
 応援とサポートをさせて頂きます。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2018-04-01 | TrackBack(0)
-  |  次の3件 »
Copyright © 自動車運転工学研究所 All Rights Reserved.
当ブログの画像や文書などすべての転載転用・商用販売等はご遠慮ください。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート