『ペーパードライバーと初心運転者の方へ送る運転の豆知識』

-  |  次の3件 »

高速道路で故障などで停車、追突される事故について

こんにちは!細川です。
朝晩が寒くなって一気に季節が秋へと進んだようです。

この時期は夏の疲れが出て来て『秋バテ』になる頃ですから、ご自愛ください。

さて、最近ですが気になる・・・というよりやるせない自動車事故のニュースがTVなどで多く報道されていました。

それは、『高速道路で故障などで停車中に追突される』というタイプの事故です。

highway.jpg

記憶に新しいところでは、8月25日に徳島自動車道で高校生らが乗るマイクロバスが故障で停車。
そこに大型トラックが追突し、16人が死傷した、というものです。

ニュースの内容を見ると停車してからかなりの時間、高校生を乗せたまま停車していたようです。

ここでハッキリ断言しておきます。
高速道路上で停車している車の中にとどまるのは『自殺行為』です!

大袈裟でも何でもありません。
交通事故の統計データでも出ていますし、みなさんも教習所の授業で習われたと思います。

高速道路で止まれば大型トラックは必ず突っ込んでくる・・・というくらいに考えても良いと思います。

では、何故大型トラックは停車中の車に突っ込むのでしょうか?

それについては私の【ペーパードライバーWebドライビングスクール】などの教材に記載していますので、お持ちの方は見てくださいね。

ちなみに、高速道路上において故障などで停止する時には次の措置を取らなけばなりません。

1.ハザードランプを点灯させ、路肩に寄せたり、可能な限り広い場所まで移動して止まります。

2.運転者は同乗者を車から下ろして避難させます。

状況や場所にもよりますが、ガードレールの外側に避難するなどして、もし停止した車に追突されても被害が及ばない所に避難するのがポイントになります。

一つの例として停止した車より後方に避難すれば追突されても巻き添えになりにくいです。

3.運転者は停止表示器材や発煙筒を車から50m以上後方に置きに行きます。

この停止表示機材を置きに行くときには、発煙筒を焚くなどして自分の存在を他車に知らせることもしてください。

この時に後続車にはねられるという事故も非常に多いですから。

4.非常電話か携帯電話で救援依頼をしてください。

以上が高速道路上で停車する場合の基本ですが、必ずしもこの通りに出来る場合ばかりではないと思います。

・やむを得ず、止まった場所が高架橋などで避難しにくい場所なら?

・同乗者が高齢であったり、身体に障害があったりするなどして避難が困難な場合はどうするか?

・豪雨や嵐などで外に出るのが困難な状況なら?

など・・・

状況により、これが正解というものはないかもしれませんが、『自分や自分の車がそこにいることを知って貰うことが追突されない最大の防衛策である』

ということを念頭に置いて、その場や状況での最善策を考え行動することが大切です。

例えば、停止表示器材だけでなく発煙筒を数本焚く、停止表示灯を点ける、などはとても効果的だと思います。

停止表示器材は携帯義務があります↓




停止表示灯はパトライトのように目立つので効果が大きいと思います↓



発煙筒も数本持っておけば安心です↓




※発煙筒は使い方を覚えておく必要があります。

これから秋の行楽シーズンです。

運転する機会も、車に同乗する機会も増えると思います。

我が身と大切な人を守るためにこれらのことを再度認識して頂ければと思います。







◆エコランで地球とサイフに優しい運転を♪
 エコラン教材の無料ダウンロードはコチラからどうそ♪
  ↓↓↓
 http://untenn.com/ecorun.html


◆私の教材の詳細等はオフィシャルサイトを^^
 ↓↓
http://untenn.com/


◆お問い合わせは
 ↓↓
http://untenn.com/contact.html


↓↓ポチッとして頂けると踊って喜びます<(_ _)>
にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆メールサポートの回答やお問い合わせへの回答状況は
『各種お問い合わせへの回答状況や臨時休業についてのお知らせ』 をご確認ください。

☆各種教材購入者のみなさま。
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 『なりたいあなた』になって運転を楽しんでください。
 応援とサポートをさせて頂きます。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*



2017-09-30 | TrackBack(0)

学科の質問 一方通行からの右折 『すぐ内側』と『内側』

こんにちは!細川です。
お盆休み真っ最中で高速道路などは大渋滞していますね。

安全には氣をつけて楽しいお休みにしてください。

さて、教材購入者(40代、50代からの運転免許取得術)のTさんより学科試験に関するご質問を頂きましたので、ここでご紹介したいと思います。

ご質問内容は以下のようなものです。

------------------------------
交差点を「右折」する場合ですが、
一方通行から右折する場合が「交差点の中心の内側」をでその他からの右折は
「交差点の中心のすぐ内側」となっていますが、

一方通行の場合は「すぐ内側」だと不正解。。。

ここが腹落ちしません。。理由を教えて頂けますでしょうか?。
------------------------------


さて、このTさんの疑問ですが、あなたは明確な理由をご存じですか?
これは私も指導員資格を取得する時に、Tさんと同じ疑問を持ちました。

そこで、先輩指導員に聞いてみたのですが、意外と明確な答えが返ってこないので、
学科主任の方にお伺いしたところ、『なるほど!』という答えを頂きました。

これは言葉では説明しにくいので図で解説したいと思います。

まず、基本である普通の交差点(一方通行ではない)での右折方法を学科教本を元に説明します。

usetu (1).png

上の図のように、
『自動車は右折しようとするときは、あらかじめ出来るだけ道路の中央に寄り、交差点の中心のすぐ内側を徐行しながら通行しなければならない』
となっています。
※矢印や表示などで通行方法が指定されている場合は、それに従う必要があります。

では、何故交差点の中心のすぐ内側を通らなければならないのか?

それは、下の図ような危険な右折方法である『右折ショートカット』を防ぐためです。

usetu (2).png

図のように、中心のすぐ内側を通らないと、右折先で対向車線にはみ出しています。

技能検定試験でこんな右折をやればアウトです。

まずこれが基本になりますので、ここをしっかりおさえておいてください。

次に今回の疑問である一方通行での右折です。
usetu (3).png
上の図のように
『一方通行の道路から右折する時は、あらかじめ出来るだけ道路の右端に寄り、交差点の中心の内側を徐行しながら通行しなければならない』
となっています。
※矢印や表示などで通行方法が指定されている場合は、それに従う必要があります。

この道路の右端に寄る理由ですが、一方通行の道路の場合は対向車がないので右端に寄れば良いのですね。

次にここで、交差点中心の『すぐ内側』『内側』のエリアを下の図で把握しておきましょう。
usetu (4).png
これが分かった上で、下の図を見てください。
usetu (5).png
もし、この図のような交差点で右折をする場合に、あらかじめ出来るだけ右に寄ったのに、
『交差点の中心のすぐ内側』を通らなければならないのなら、右に寄せた後にまた左側(中心のすぐ内側)に寄らなければならないことになってしまいます。

こんな右折の仕方は変ですし、それ以上に危険ですよね。
進路変更後はその位置をキープする必要があります。

何故って?
もし、あなたがその車の後続車だったらと考えてください。

右合図を出して右折のために右に寄った車がもう一度左に寄って来たら・・・
ビックリしますし、事故になる可能性がありますよね。

これが下図のように一方通行からの右折では交差点の中心の『すぐ内側』ではなく、『内側』を通る理由です。
usetu (6).png
もちろん、内側を通った後は、下図のように右折先の左側に車体を寄せるようにして右折をする必要があります。
ショートカットで対向車線にはみ出さないために。

usetu (7).png

Tさん、ご理解頂けたでしょうか?

ちなみに、ここで示した図解などは【ペーパードライバーWebドライビングスクール】で使っているものです。
これがメンバーズサイトでは動画で見ることが出来ます♪

こんな感じ↓

usetu.gif
※これはアニメーションGifです。メンバーズサイトでは動画です。

最後はまたまた宣伝になりました(^◇^;)

では、暑い日が続くそうですので、みなさまご自愛くださいませ。
感謝です。







◆エコランで地球とサイフに優しい運転を♪
 エコラン教材の無料ダウンロードはコチラからどうそ♪
  ↓↓↓
 http://untenn.com/ecorun.html


◆私の教材の詳細等はオフィシャルサイトを^^
 ↓↓
http://untenn.com/


◆お問い合わせは
 ↓↓
http://untenn.com/contact.html


↓↓ポチッとして頂けると踊って喜びます<(_ _)>
にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆メールサポートの回答やお問い合わせへの回答状況は
『各種お問い合わせへの回答状況や臨時休業についてのお知らせ』 をご確認ください。

☆各種教材購入者のみなさま。
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 『なりたいあなた』になって運転を楽しんでください。
 応援とサポートをさせて頂きます。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2017-08-12 | Comment(0) | TrackBack(0)

夏と言えば・・・祇園祭

こんにちは!細川です。

今日で7月も最終日、暑い中いかがお過ごしでしょうか。

私の7月は毎年恒例行事となっている京都の祇園祭へ行ってきました。
いつものことながら観光ではなく、祇園祭への参加です。

山鉾巡行の後に出る祇園祭のメイン、神輿(みこし)を担いできました(ノ^^)ノ
こんな感じです↓


八坂神社 石段下 三基の神輿が揃います


知り合いに、
『よくこんな暑い中に、より暑くなることをしに行くなぁ〜』
と言われますが、色んな意味で熱くなれることは大好きです。

もちろん、熱中症には氣を付ける必要がありますが、
神様(神輿)と一緒だと不思議となんともありません。

gionnisiki.jpg
京都三条通り 夜の錦の神輿 風情があってキレイでしょ♪

でも、四条河原町の御旅所(神輿をその日に鎮座する場所)に着く頃には、
さすがにちょっとオーバーヒート気味だな、

っと思ったら、スコールのような雨が・・・

こんな感じです↓



お陰様ですっかりクールダウン出来て最後まで元氣いっぱいで神輿を担ぐことが出来ました。

ずぶ濡れになりましたが、神輿を担いでいる仲間たちと、
『雨でお浄めして貰ったみたいで気持ちよかったな♪』と笑いながら話をしていました。

被害が出るようなゲリラ豪雨は勘弁願いたいですが、こんな恵みのような雨ならアリかもしれません。

物事は考え方一つ、捉え方一つで良い出来事にも、そうでない出来事にもなるものですね。

えっ? 車の運転や安全の話は?って・・・
今日はオヤジの夏日記でした<(_ _)>

暑い日が続きますのでご自愛ください。

ちなみに夏に役立つ運転の知識はこちらです


●オーバーヒート・・・

●夏のレジャーと渋滞・・・

●炎天下の車内温度・・・

●車の暑さ対策 2013夏






◆エコランで地球とサイフに優しい運転を♪
 エコラン教材の無料ダウンロードはコチラからどうそ♪
  ↓↓↓
 http://untenn.com/ecorun.html


◆私の教材の詳細等はオフィシャルサイトを^^
 ↓↓
http://untenn.com/


◆お問い合わせは
 ↓↓
http://untenn.com/contact.html


↓↓ポチッとして頂けると踊って喜びます<(_ _)>
にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆メールサポートの回答やお問い合わせへの回答状況は
『各種お問い合わせへの回答状況や臨時休業についてのお知らせ』 をご確認ください。

☆各種教材購入者のみなさま。
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 『なりたいあなた』になって運転を楽しんでください。
 応援とサポートをさせて頂きます。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*






2017-07-31 | Comment(0) | TrackBack(0)
-  |  次の3件 »
Copyright © 自動車運転工学研究所 All Rights Reserved.
当ブログの画像や文書などすべての転載転用・商用販売等はご遠慮ください。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート