『ペーパードライバーと初心運転者の方へ送る運転の豆知識』

-  |  次の3件 »

交通事故の加害者になりたくなければ・・・

こんにちは!細川です。

新しい元号である令和を迎え、今年も半分以上が過ぎました。

元号が変わるということは単に名前が変わるだけでなく、
『現れてくる事象も今までとは違うものになってくる』ということを何かの本で読んだことがあります。

つまり大きな変化があるということだと思います。

その現れがここ数ヶ月ほどの間に起こっている重大交通事故であったり、お笑い芸人よる闇営業問題から端を発した会社組織の歪みの表面化であったりするのかも知れません。

このブログは車の運転や交通安全、免許取得に関わることの情報を発信していますので、一番記憶に残る滋賀県大津市で起きた園児二人の死傷者を出した交通事故を例に挙げて、

  • この事故から学ぶこと
  • 解決策は?

について書きたいと思います。


この滋賀県大津市の事故は以下のようにして発生しました。
kenshou01.png

上の図のように直進する車と、右折する車があり、歩道上には信号待ちをする園児たちがいました。


ところが、直進車がいるにもかかわらず、右折車は右折を始めて直進車と接触し、
そのはずみで直進車は園児たちのいる歩道へと突っ込んだのでした。
kenshou02.png

これは皆さんもニュースなどで見てすでにご存じだと思います。

もちろん、最大の事故原因は右折車の運転行動にあります。

右折車のドライバー(62歳・女性)は事故直後の取り調べで「前を良く見ずに右折を始めた」、また、「考え事をしていて、前を良く見ていなかった」とも証言していたようです。

  • この事故から私達が学ぶべきこと

あなたはどう思われますか?
まず私が感じたことは以下の2つです。

1,一般ドライバーの安全意識の低さ
交差点で直進や左折をする車や路面電車があるときは、自分の車が先に交差点に入っていても、その進行を妨げてはいけない。
【道路交通法第37条】

免許証を持っている方なら誰でも知っていることだと思います。

しかし、知っていてもそれをキッチリ守っているドライバーは以外と少ないと普段運転していて感じることです。

道路交通法はとても良く出来たルールだと私は思っていますし、
ドライバーすべてがこのルールとマナーを守っていれば交通事故は激減する筈です。

ところが、この事故では直進、左折車優先のルールを守るどころか、
右折車のドライバーが「前を良く見ずに右折を始めた」ために起こっています。

これは『安全運転義務違反』です。

安全運転義務とは、以下のことをいいます。

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。
【道路交通法第70条】

つまり、これを守らない行動を安全運転義務違反といいます。

私は教習所の学科授業の時に、
『車は左側通行で、そのルールをみんなが守ってくれているから安心して運転が出来ます。』
『もし、たまに右側通行する車がいたら怖くて運転なんか出来ないですよね。』

というお話しをして交通ルールを守る重要性を説いていました。

しかし最近ではこんな基本中の基本のルールさえ守らないドライバーの出現で、交通の安全が脅かされつつあります。


2.人事ではなく、『運転する者すべてがいつ加害者になるかもしれない』ということの再認識

交通事故を起こすと加害者になります。
まして、それが人身事故で誰かの生命を奪ってしまうと大変なことになります。

この滋賀県大津市の事故では、前を良く見ずに右折を始めた女性は重大事故の加害者になりました。

テレビやニュースなどでは加害者や犯人として大きく実名を公表され、
被害者の親族や関係者などからは一生恨まれ、莫大な慰謝料の支払いと交通刑務所に何年か服役することになります。

この女性にもご家族がいると思いますが、これまでと同じ生活を送ることは困難になると予想されます。

あなたも含めて、運転するドライバーすべてがこの女性と同じ立場になる可能性がある、ということを認識して欲しいのです。

これが交通事故は加害者も含めて当事者すべてが結果的に被害者になり誰も得をするものがいない、と言われる由縁です。

そんな加害者になりたくなければ、安全運転とは何かを再認識して、それを遵守した運転行動を日々実践するしかないのです。


  • 解決策は?

『どんなに自分だけが安全運転をしていても、防げない事故もある』とよく言われます。

確かに事実ではありますし、他人の行動を変えることは出来ないものです。

しかし、他人は変えられなくても自分は変えることが出来ます。

それが、安全運転の一歩先行く『防衛運転』です。

防衛運転とは危険予測をしっかり行い、それを反映させた運転行動を行うことです。

今回の大津市の事故では、直進車が園児の列に突っ込んで被害者が出ています。

もし、この直進車が
・対向右折車の動きを少しでも予測していたら・・・
・ブレーキを構えていて、踏むタイミングがもう少し早ければ・・・
・周囲の状況確認やハンドルを切る方向が少し変わっていれば・・・

と思うのは私だけでしょうか?

もちろん、最大の事故原因は右折車側にありますが、あなたがもしこの直進車なら?と考えてみてください。

直接損害をあたえる側の当事者にはなりたくないですよね。

ですから大切なのは、『だろう運転』ではなく、『かもしれない運転』の重要性の再認識と実践をすべてのドライバーにお願いしたいと思います。

今回の場合なら、
・右折車が前も見ずに曲がって来るかもしれない・・・(危険予測)
・だから、右足はブレーキペダルの上に置いて〔ブレーキの構え〕気を付けて交差点を通過しよう・・・(危険予測を伴った運転行動)

こんな風に普段から危険予測を伴った運転行動をしていれば、防げる事故もありますし、大難を小難に変えることも可能だと思います。

冒頭でも書きましたが、新しい時代になり、
『今まで何となくでなんとかなっていたこと』が、『何となくではならなくなってきた』ように感じます。

『なあなあ』や『何となく』では済まされないのです。

キッチリやりましょう!特に車の運転は。

私も今回書きました『防衛運転術』をみなさんにお伝えできるように今まとめているところです。

今後にご期待頂ければと思います。

では、また。





◆エコランで地球とサイフに優しい運転を♪
 エコラン教材の無料ダウンロードはコチラからどうぞ♪
  ↓↓↓
 http://untenn.com/ecorun.html


◆私の教材の詳細等はオフィシャルサイトを^^
 ↓↓
http://untenn.com/


◆お問い合わせは
 ↓↓
http://untenn.com/contact.html


↓↓ポチッとして頂けると踊って喜びます<(_ _)>
にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆メールサポートの回答やお問い合わせへの回答状況は
『各種お問い合わせへの回答状況や臨時休業についてのお知らせ』 をご確認ください。

☆各種教材購入者のみなさま。
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 『なりたいあなた』になって運転を楽しんでください。
 応援とサポートをさせて頂きます。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2019-08-01 | TrackBack(0)

あおられない運転方法

こんにちは!細川です。

新しい年が始まりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

そして、一つご報告があります。
自動車運転工学研究所は今年で開設10周年を迎えさせて頂くことになりました!

本当にありがとうございます<(_ _)>

ここまで続けて来られたのはひとえに皆様のお陰だと感謝し、更に多くの方のお役に立てるよう精進していく所存です。

さて、10年一昔と言いますが、車の運転を取り巻く環境もこの10年で大きく変わったと思います。

そこで、今回のブログでは昨年までを振り返って、私達を取り巻く車の運転に関する問題点、解決策などについて考えていきたいと思います。

昨年の大きな話題と言えば以下の3つではないでしょうか。

1.高齢者が引き起こす事故(アクセル、ブレーキの踏み間違い、高速道路逆走など)

2.自動運転システム

3.あおり運転


その中でも最近の一番大きな問題であり、誰もが気になるのが3の【あおり運転】だと思います。

このブログの過去記事でも取り上げましたし、ニュースや他の方のブログ記事でも取り上げられていますので、ここでは『あおられない運転方法』に的を絞って書きたいと思います。

aori.jpg

先日ですがTVニュースを見ていたところ、
『運転をする人の内どれ位の割合であおられたことがあるか?』というアンケートのお話をしていました。

そしてその答えでは、約7割以上の運転者があおられた経験があるそうです。
※別のアンケート結果では9割や、逆に3割くらいという結果もあります。

その中で1年の内に10回以上もあおられた経験ある、という男性がインタビューに答えていましたが、そのニュース番組のコメンテーターが、
『この人、相当ウザい運転をしているんじゃないの?』ということを言っていました。

私自身思うことは、もちろんあおり行為をする人が悪いことは当然ですが、あおられる側にも原因があると感じています。

では、どんな行為があおられるきっかけになるのでしょうか?

1.無理な割り込みや進路妨害になるような車線変更をする

2.速度が非常に遅い、速度が安定しない

3.必要の無いクラクションを鳴らす、無理な追越をする、などマナーのない行為をする


これらの行為は意図せずやってしまう場合もありますし、運転に慣れない初心運転者やペーパードライバーもやってしまうものです。

では、これらのことしないためにはどうずれば良いか?やってしまった場合はどう対処すれ良いかを考えましょう。

■1と2の2つから検証してみましょう。

合図も無しに車の前に割り込まれたり、脇道から強引に出て来られたりすると危険を感じますし、誰だって腹が立つと思います。

そして私の経験上ですが、そんな割り込んで来た車に限って前でトロトロ運転をする場合が少なくありません(^◇^;)

noronoro.jpg

●そんな運転をする原因は?
これには2つのパターンがあると思います。

パターン1)運転が未熟で意図せず割り込んでしまう形になる。そして割り込んだ後に速度も遅かったり安定しなかったりするので、余計に相手のドライバーをイラつかせることになる。

これは初心運転者やペーパードライバーの方に多いパターンです。

■この場合の解決策と対応方法
一番の解決方法はスムーズな運転が出来るマナーの良いドライバーになることです。
ただし、どんなに運転が上手くなっても意図せずやってしまう場合もあります。

割り込んでしまった時の対応方法
ハザードランプを点滅させて『ごめんなさい』の意思表示をする。
出来れば手を挙げて軽く頭を下げることもするべきです。

昼間であれば、手を挙げていることや頭を下げていることは後ろのドライバーからも見えるものです。

そして、ハザードランプ点滅など『ごめんなさい』の意思表示はその場ですぐに行うことです。

これが最も大切なことです。
タイミングを逃してしまうと、効果はありません。

すぐにこれらのことを行えるようになるには、普段の運転の中で
・道を譲って貰ったら手を挙げて頭を下げる
・『ありがとう』や『ごめんなさい』のハザードランプを使う習慣を身につける

ことが大切です。

余談ですが、これらのことは車の運転だけでなく普段の人間関係でも大切なことですね。
まずは謝る、ごめんなさいを言う。

すぐにその場で謝れば大概のことは何とかなるものです。

なかなか言えない人も多いですが、『ありがとう』と『ごめんなさい』は人間関係の潤滑剤ですよね。

次に、自分の車の速度が遅く割り込んでしまった車の進路を邪魔していると感じたら、左合図を出して道を譲りましょう。

ただし、道が混雑していたり、カーブの最中で見通しが悪かったり、明らかに避けて貰いにくい場所で道を譲るとまた迷惑をかけることになりますから、後続車に避けて貰いやすい所で道を譲ることが大切です。

パターン2)速度が遅い方の中には「私は安全運転をしているから何も悪くない」と考えている人が少なからずいます。

確かに制限速度を守ることは当然ですが、【速度が遅い=安全】という訳ではないことを再認識する必要があります。

教習所や免許センターでの運転免許技能試験では、【安全で円滑な運転が出来ているか?】ということが合否の最大ポイントになっています。

sotuken.jpg


この円滑ということが特に重要で、運転免許技能試験の時に明らかに50Kmの規制速度で安全に走行できる状況の中、30Kmや40Kmの速度で運転すれば確実に不合格となります。

では、何故遅い速度で走行すると不合格になるのでしょうか?

それは、渋滞の原因になったり、他のドライバーの迷惑になったりするからです。
そして、その結果の一つとしてあおられることにもなるのです。

ただし念のため書いておきますが、規制速度50Kmの道路でも歩行者がいるなど危険な状況であれば徐行や遅い速度で走行することは当然ですし、これが【安全に】という意味です。

■この場合の解決策と対応方法
ここで説明したことを理解して、なるべく円滑でスムーズな運転が出来るようにしましょう。

でも、慣れない内は道を譲ることが一番の解決策です。

そのためには後ろの状況を絶えずルームミラーやサイドミラーで確認する必要がありますし、状況に応じた対応をする必要があります。

後ろの状況を一切見ていない、まったく気にしていない、というマナーも気遣いもない人も
時々いますが・・・

過去記事でも書きましたが、車同士(人間同士)のトラブルは【正義やあたり前の価値観の違い】から生じます。

あるドライバーは遅い速度で走行することが正義であたり前で安全だと思っています。
もう一方のドライバーは制限速度プラスアルファで走行することが正義であたり前だと思っています。

こんなドライバー同志が出会うと、あおり運転などの行為を引き起こしトラブルになるのです。

私は運転中に速度の速い後続車が来た時、状況が安全なら出来るだけ道を譲るようにしています。

そうすると、追い越しざまに譲った車のドライバーがクラクションや手を挙げて『ありがとう』の意思表示をしてくれることが多くあります。

自分以外の人の価値観や正義を変えることは出来ませんが、自分なら変えることができます。
そんな人達も世の中に多くいるんだ・・・と許容範囲を広げましょう。

トラブルになるか、嬉しくなるかはちょっとした行為で変わるものですし、どうせなら運転は楽しく嬉しい方が良いですよね。

そんなドライバーになることが出来る知識とノウハウを提供しているのが私の教材です。

これから免許を取得する方、ペーパードライバーの方、運転のレベルアップやもう一度運転というものを学び直したい方はこちらをご覧ください↓

右向き三角1自動車運転工学研究所公式サイト

◆最後に3の『必要の無いクラクションを鳴らす、無理な追越をする、などマナーのない行為をする』ですが、これは言語道断です。

クラクション殺人事件というのがかなり前にありました。過去記事にありますのでご覧ください。
http://paper-driver.sblo.jp/article/41454374.html

追越は危険でメリットのない行為です。こちらも過去記事にあります。
http://paper-driver.sblo.jp/article/42426617.html

これらのことを知り、実行した上で更にあおり運転にあわない、しない(あなたはしませんよね)ためはドライブレコーダーを装着することはとても効果的です。

最近は安くなりましたね↓^^




では、また(@^^)/~~~








◆エコランで地球とサイフに優しい運転を♪
 エコラン教材の無料ダウンロードはコチラからどうぞ♪
  ↓↓↓
 http://untenn.com/ecorun.html


◆私の教材の詳細等はオフィシャルサイトを^^
 ↓↓
http://untenn.com/


◆お問い合わせは
 ↓↓
http://untenn.com/contact.html


↓↓ポチッとして頂けると踊って喜びます<(_ _)>
にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆メールサポートの回答やお問い合わせへの回答状況は
『各種お問い合わせへの回答状況や臨時休業についてのお知らせ』 をご確認ください。

☆各種教材購入者のみなさま。
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 『なりたいあなた』になって運転を楽しんでください。
 応援とサポートをさせて頂きます。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2019-01-17 | TrackBack(0)

車の運転、台風や豪雨への備えをあらためる時

こんにちは!細川です。

9月に入ってやっと猛暑に一段落ついたように感じますが、ホントに今年の夏は暑かったですね。

この夏を振り返って見ると猛暑だけでなく、

・大阪を震源とする地震に始まり西日本を中心とした豪雨被害、

・一昨日の台風21号の暴風による甚大な被害、

・そして、今朝のニュースを見ると北海道で震度6強の地震・・・

怖いものの例えとして、『地震、雷、火事、親父』といいますが、この夏はそのまま全部がやって来た感があります。

※親父は台風を意味する【大山嵐(おおやまじ)】が変化したという説があります。

saigai.jpg


その中でも今回の台風21号は想定外の暴風が吹きました。

以前、このブログやラジオでの解説で『強風時の運転』についてお話しさせて頂きましたが、

私自身、日本で停車している車が風の力だけで倒れたり転がったりしたのを見たのは初めてです。

◆ラジオ放送(TOKYO FM)でお話しした内容は以下のURLでご覧頂けます。
 https://www.tfm.co.jp/koutsu/index.php?catid=2493&itemid=120761

これまで、車が風の影響で横転する事故は、風の力に走行中の遠心力や慣性力、無理なハンドル操作などが加わって発生していたのがほとんどでした。

しかし、今回の台風21号は風の力だけで乗用車やトラックなどが横転していました。

関西国際空港では最大瞬間風速が観測史上最大の58.1メートルを記録したそうですが、こんな風が吹けば車もこれまでの常識も含めて吹っ飛ぶことをあらためて実感しました。


このブログを書き始めた8年前に、これから日本は温暖化による異常気象が頻発して来ると書きましたが正にそうなって来ました。

そして、今回のようなことが起きると車の運転、備えも考え方を改める必要があると思います。

例えば

・高潮による被害が想定される場合は海から遠い場所に車も人も避難する

・暴風が吹くことが予想される時間帯やその影響を受ける場所には車を駐車しない

・普段から車を駐車している場所(住所地・職場)が安全かを調べたり、非常時に備え車を避難させる場所を前以て調べておく

・車の水没など自然被害でも支払われる車両保険に加入する


suibotu.jpg

など今回の件から学べることは多くあります。

以上のように台風接近時には、これまで以上に多くの正確な情報を取り入れ、その中でどう判断して行動するか?ということを考える必要があると思います。

このブログでもそういったお話しや情報、知識を今後も発信したいと考えています。


最後にあらためまして、地震や台風、豪雨などで被害に遭われました方々にお見舞いを申し上げます。

では、また<(_ _)>






◆エコランで地球とサイフに優しい運転を♪
 エコラン教材の無料ダウンロードはコチラからどうぞ♪
  ↓↓↓
 http://untenn.com/ecorun.html


◆私の教材の詳細等はオフィシャルサイトを^^
 ↓↓
http://untenn.com/


◆お問い合わせは
 ↓↓
http://untenn.com/contact.html


↓↓ポチッとして頂けると踊って喜びます<(_ _)>
にほんブログ村 車ブログ 車の豆知識へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*・*・*・*・*♪【ユーザー通信】♪*・*・*・*・*

☆メールサポートの回答やお問い合わせへの回答状況は
『各種お問い合わせへの回答状況や臨時休業についてのお知らせ』 をご確認ください。

☆各種教材購入者のみなさま。
 ご購入とご注文をありがとうございました。
 しっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご質問くださいね。
 購入頂いた動機や、途中経過報告、その他のご相談でもOKですよ。

 『なりたいあなた』になって運転を楽しんでください。
 応援とサポートをさせて頂きます。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*


2018-09-06 | TrackBack(0)
-  |  次の3件 »
Copyright © 自動車運転工学研究所 All Rights Reserved.
当ブログの画像や文書などすべての転載転用・商用販売等はご遠慮ください。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート